忍者ブログ

ツリークライミング

環境教育ネットワークたねのもり

環境教育ネットワーク【たねのもり】の活動記録です。樹木と触れ合い、自然と心を通わせる「ツリークライミング」Rをはじめ、様々な野外活動やワークショップを通した体験型の環境教育を進めています。次世代の人材育成に努めます。

日光鳴虫山プライベートクライミング

以前から計画していた山の木を登るプライベートクライミングの企画です。
地元の森林管理署の協力を得て入林許可書をいただき、
みんなでハイキング&ツリークライミングを楽しんできました。

厳しい条件の中で、風雪に耐えている逞しい野生の木は、感触からして平地の木とは全然違います。
生命力が溢れて、触れる人にエネルギーを与えてくれているようです

ツリークライミング
出発の準備も整って、登山道までのアプローチを歩きます。
アスファルトの照り返しが厳しくて暑い!

ツリークライミング
登りはじめは急坂。汗びっしょりになりながら頑張ります。

ツリークライミングjpg
植林の針葉樹林から出ると、明るい道。日差しが厳しい!
でも、稜線に吹く風はさわやかで気持ちいいのです。

ツリークライミングjpg
神主山の頂上で。日光連山を一望できる眺めは、疲れをどこかに飛ばしてしまいます。

ツリークライミング
やっとの思いで到着です。本日お世話になるブナの木です。
ワイルドツリーらしく、大きなウイドゥメイカーがぶら下がっています。
ここにはブナの木は2本しかないのに、この地を這うような逞しい根っこ。
生命力の塊のようです。

ツリークライミング
さて、どんな風に登るか打合せです。アンカーの確認もいつもよりも一段と慎重に。

ツリークライミング
下界とは別世界の涼しい稜線。登る前にまったりとしてしまっています。
2時間のハイキングの疲れを癒してから?

ツリークライミング
登山道から飛び出し、沢の源頭の斜面へせり出すような登りだし。宙に浮いているようです。

ツリークライミング
夏の日差しを浴びて、のんびりと枝の上で休憩。
この木に会いにきた甲斐があったというものです。

ツリークライミング
気が付けば、いつのまにかみんながまったり。
爽やかな風の中でのツリークライミング。真夏の出来事とは思えません。

ツリークライミング
「この木大好き」と言いながら頬擦り。
永い年月、この厳しい条件の中、必死に生きている木ですから、溢れた生命力で人も元気になります。

ツリークライミング
得意の笑顔!こんな顔で登ってくれれば、木だって嬉しいに決まっています(笑)
ハイキング中は座り込んでしまったけど、遊びはじめれば話は別のようです。

ツリークライミング
お父さんと枝の上でツーショット。こんな不思議な体験は、どんな風に心に残るのでしょうね。
ふたりともおだやかで素敵な笑顔です。

ツリークライミング
登山道で出会ったハイカーもびっくり。ツリークライミングに興味を持っていただけると嬉しいな。

ツリークライミング
最後にお世話になったブナの木と記念撮影。
ブナの木も手を広げて「ツリー!」とポーズをとっているようです。

ツリークライミング
最後まで怪我無く遊ぶのが絶対条件。気を抜かずに帰ってまいりました。
相変わらずアスファルトの上は暑いけれど、みんなどことなく、穏やかな笑顔が残ったまんまです。
PR