忍者ブログ

ツリークライミング

環境教育ネットワークたねのもり

環境教育ネットワーク【たねのもり】の活動記録です。樹木と触れ合い、自然と心を通わせる「ツリークライミング」Rをはじめ、様々な野外活動やワークショップを通した体験型の環境教育を進めています。次世代の人材育成に努めます。

2013.6.25谷津川地獄谷

谷津川地獄谷1
梅雨の合い間を狙って、新人メンバーの沢デビューに来ました。
全体的に山が荒れている印象。
鹿の湯の建物は、土砂に押し潰されていました。

谷津川地獄谷2
七つ滝の旧登山道を辿り沢に向かいます。

谷津川地獄谷3
早めに入渓して、足慣らしをします。新しい道具にも早くなれますように。

谷津川地獄谷4
人気のない沢のようです。人の気配があまり感じられません。

谷津川地獄谷5
水の流れは本当に綺麗な沢。おくまでナメが続いています。

谷津川地獄谷6
はじめての沢なので、前を歩くと戸惑います。普通です。

谷津川地獄谷7
恒例となった水中写真。プロカメラマンが付いていると心強いです。

谷津川地獄谷8
緩やかな渓相が続きます。遡行図の入渓点まで、まだまだあります。

谷津川地獄谷9
私は何を話しているんでしょうね? なんか、真剣に説明しているようです。

谷津川地獄谷10
最初の滝です。

谷津川地獄谷11
ロープを引っ張ってリードします。
今日はオールロープのつもりです。
不確定要素が多い沢登りでも、なるべくロープを出して安全性を重視するようにしています。
スピードは犠牲になってしまいますが、遊びなのであやふやさをなくしていきたいと思っています。

谷津川地獄谷12
滝を越えると緩やかな流れが続きます。

谷津川地獄谷13
滝を裏から見れるスポット。個性的な滝が多くて楽しめます。

谷津川地獄谷14
小さな段差が延々と続きます。

谷津川地獄谷15
まだ、続きます。

谷津川地獄谷16
このあたりはお助け紐の出番が多くなります。

谷津川地獄谷18
苔が綺麗。

谷津川地獄谷19
不思議な樹です。根っこが地面のように横に伸びています。

谷津川地獄谷20
ナメ滝をリードします。上から投げてここもロープを出しました。

谷津川地獄谷21
倒木が多いため直進は不可能なので、枝沢に入り尾根を横切りました。

谷津川地獄谷22
登山道に出てひと安心。現在、廃道となっている谷津川林道です。
昨年まで間伐作業を行なっており、立ち入り禁止になっていたようです。
崩落箇所があり、通行不能となっています。

谷津川地獄谷23
間伐作業用の標識のようです。

熊倉山1
そして熊倉山の山頂到着です。なかなか歩きでありました。

DSC00304.jpg
熊倉山山頂からの景色です。
この日はGPSのログを記録してあったので、足どりが後で全部確認できました。

DSC00309.jpg
帰りは熊倉山城山コースの登山道で下山です。
PR