忍者ブログ

ツリークライミング

環境教育ネットワークたねのもり

環境教育ネットワーク【たねのもり】の活動記録です。樹木と触れ合い、自然と心を通わせる「ツリークライミング」Rをはじめ、様々な野外活動やワークショップを通した体験型の環境教育を進めています。次世代の人材育成に努めます。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

浦山川冠岩沢

秩父の浦山川に沢登りに行きました。
秩父源流のブナ探訪の第一弾です。

本当は、第一弾のための練習のつもりだったのですが、
意外といい木が一杯あって驚きました。

初夏で晴天にも恵まれ、水もきれいなところだったのですが、
メンバーに怪我をさせてしまったので、反省もしなくては、です。

26589509_1205887311_40large.jpg
遡行半ばの、石灰岸壁とブナです。
植林帯が終って飛び込んでくるブナ林は埼玉県をあることを忘れさせます。
奥に赤ヘルの人がいるのがわかるでしょうか。

26589509_1205887305_243small.jpg
石灰岸壁のすぐ近くの単独木です。
30mはあろうかという木で、見た中ではかなり健康そうです。

登山道の近くにも、このクラスのブナや、ミズナラが多く、
興味深い山でした。

よく標高1400mからブナが出てくる、と言われるので、
1300m弱の今回の山では期待していなかったのですが、
植生の関係か、かなりお買い得な大木の集まりが見れました。
山の木はもっと貧弱なのが一般的だと思います。

登山道と違い、沢を見ると山の出で立ちが良くわかります。
木もそうではないか、と思った通りでした。


人も少なく、静かな沢でした。
懲りずにまた行きましょう!
PR